先輩メッセージ(渡邉)

優先順位を付けて効率よく

私は物流事務として働いています。倉庫内で作業をしている方々が円滑に仕事できるよう、翌日の入出荷の準備をしたり、素早くピッキングリストを準備したりしてタイムスケジュール通りに作業を進めることを第一に考えています。その為に、庫内作業をしてくれている方だけでなく、集荷に来て下さる運送会社様の待ち時間も作らないよう作業に優先順位を付けて効率よく仕事が出来るよう心掛けています。

毎日、時間があるときに倉庫内を見て回ってタイム社員さんが出荷しにくい商品はないか、ロスとなっている原因は何かを検討しています。誰でも気軽に課題提出を行うことができ、タイム社員さんからも課題を頂くこともあります。タイム社員さんからの課題が解決できて「作業がしやすくなった」と言って頂いたり、自分の出した課題によって周りの人たちの作業効率も上がったことを実感出来たときはとても嬉しいです。

現在、入社2年目で周りの方々にサポートしてもらいながら日々の業務が取り組めています。また、同じ拠点でなくても仕事のことだけでなくプライベートの相談も親身になって聞いてくれる同期や上司が多いので、困ったときも1人で抱え込むことなく周りに相談しやすいです。まだ助けてもらうことの方が多いですが、将来 私自身も頼ってもらえる存在になれるよう先輩方を手本に今後も多くのことを吸収していきたいです。

2019年入社

困ったときも1人で抱え込むことなく

四国物流 物流事務渡邉 真由

先輩メッセージ(時松)

商品管理の効率化に取り組んでいます。

仕事内容
私は、NS物流の副センター長として勤務しています。現在の業務内容は、倉庫内の商品管理、タイム社員さんへの指示、商品の入荷・出荷業務に携わらせていただいています。物流は、商品の鮮度管理は最も重要な任務であり、常に日付管理には注意をして出荷するようにしています。

仕事をしていて嬉しい瞬間
タイム社員さんの仕事中の課題提出に対して一緒に解決した時が嬉しいです。仕事中での課題は多くあります。その課題に対して社員だけが解決するのではなくタイム社員さんと課題内容から原因と対策・解決まで一緒になって考えることも自分の成長にもなりお互いのコミュニケーションにも繋がっています。

将来の目標
同期の中で1番に副センター長からセンター長になることです。そのために、副センター長としての業務で知識が足りない部分を無くして、センター長不在でも一人で全てが対応できるようになることが現在の目標です。

2019年入社

課題提出に対して一緒に解決した時が嬉しい

群馬物流 副センター長時松 孝次

先輩メッセージ(佐藤)

働きやすい環境を作ること

仕事内容
私の職務は、物流コスト削減の目標達成、部下育成、1センターとしてのチーム力向上、お得意先様に確実にかつローコストで納品できる体制を作ることです。また、職場での働きやすい環境を作ることが、自社のコスト削減や正確性の向上に繋がります。そのためにも日々のコミュニケーションを大切にしながら現場から課題を聞きとり、解決によって作業改善が行われるように取り組んでいます。

仕事をしていて嬉しい瞬間
弊社では、若手であっても思いついたことや、やってみたいことに対して、本部や先輩社員からサポートを頂きながら挑戦させて頂ける雰囲気があります。自分が出したアイディアによって、改善が行われた際にはやりがいを感じます。

将来の目標
経験を積み重ね、スーパーバイザーとしての業務を行い、全拠点の作業改善の支援を行えるようになる事です。

2013年入社

挑戦させて頂ける雰囲気があります。

関東物流 センター長佐藤 良介